家相風水とは?

住む人が健康で病気にならないために、間取り・インテリア・方角などを設計段階より盛り込み、家族が快適に暮らせるようにすることが良い家相と言われております。医学的にも家相風水が健康に影響を及ぼすことが立証されております。

「開運インテリアあれこれ風水」として、風水の基本的な考え方や、住まいに取り入れて頂ける内容を中心にしてご紹介していきたいと考えています。どうぞ参考になさってください。

良い家相とは?

家相風水

家相とはそこに住む人に対して、長年にわたり少しずつ、良い方にも悪い方にも影響を与えてきます。目には見えないうちに吉凶は進みます。 住む家にに良くない点があるならば、何かのトラブルがおこるこが考えられます。
良い家相とは、住む人の思いや心を豊かにしてくれます!!

環境を利用して運を上げる

人は環境にもっとも左右される動物です。環境が変われば考え方も変わり、考え方が変わると性格や人格も変わるものです。私たちを取りまく全ての日常生活が環境であり、その全てが幸せを作ると考えます。つまり、風水とは環境を整えて幸せを呼び込むという『環境学』なのです。

ところで、この環境学の基本となるのは「衣、食、住、遊、心」の5つの柱。今回のシリーズでは、『住』つまり、住まいについて、間取りや家相、インテリア、周辺環境を改善し、運を整える風水について詳しく説明していきます。もちろん、これだけではなく、先ほどの〔衣〕=ファッション、〔食〕=食事、〔遊〕=旅行や遊び、〔心〕=心の持ち方や考え方、といった、すべての環境についても風水の考え方を取り入れることが大切です。

風水・家相の基本は土・太陽・風・水

風水の考え方は、「東から太陽が昇り、西に沈む」といった自然現象がベースになっています。住まいというのは、光や風など、もともと自然現象を考えてつくられているものですから、家が皆さんの運にどれだけ大きな影響を与えているかということは納得していただけるでしょう。風水で家の環境を整えることは、効率よく運を呼び込めることでもあるのです。風水は、家と部屋に焦点をあてて、風水の考え方を応用したものですが、その基本は、『土』、『太陽』、『風』、『水』の4つの自然現象といえます。

方角について

方位には、入居するときの年月日により結果が出ます。 建物の方位にある九星が吉方であるか凶方であるかが判断できます。

家相風水、方角
  • 一白(いっぱく)-水星(すいせい)
  • 二黒(じこく)-土星(どせい)
  • 三碧(さんぺき)-木星(もくせい)
  • 四緑(しろく)-木星(もくせい)
  • 五黄(ごおう)-土星(どせい)
  • 六白(ろっぱく)-金星(きんせい)
  • 七赤(しちせき)-金星(きんせい)
  • 八白(はっぱく)-土星(どせい)
  • 九紫(きゅうし)-火星(かせい)

家相の「張り」と「欠け」

家づくりを計画するうえで、必要なことは設計段階にあります。 家相によると長方形の建物が理想です。最近の家のデザインは複雑な外観になっております。 出っ張りのことを「張り」と言い、引っ込んだところを「欠け」欠けと言います。

家相では、この張りが「吉相」であり、欠けが「凶相」となります。この張りと欠けにより、住む人に影響を与えます。

建物の中心

建物の中心

家相では、どの方角が吉方なのか、または凶方なのかを知ることが必要になります。
この事により、建物の間取りの良し悪しを見ていきます。そのためにも、建物の中心を求める必要あります。建物の中心を正確に求めることで吉方がわかります。

「幸せな家づくり」 サポートの流れ

幸せになる家づくりにお客様と一緒に取り組みます

ヒアリング
ヒアリング内容よりお客様のテーマを分析
まずは、目的意識・住まい方を明確にします
1回目の打合せ
  1. 家族構成、生年月日、住まいの目的、要望、こだわり、敷地状況等をお聞きします
  2. 検討中の図面や現在のお住まいの図面のチェックとアドバイス
  3. 1をもとにしたゾーニング
  4. インテリアやカーペットでのアドバイス
2回目の打合せ
プランが具体的になり、夢に近づきます!!

  1. 前回内容を踏まえたプラン提案
  2. インテリア・仕様等の提案も提案可能です
  3. 家相処理の具体的なアドバイス
アンケートやお話の中で家族構成や住まいづくりの目的を確認
事例紹介-01

ご家族の住まいづくりの目的は
『健やかな家・家族の和』

  • 男らしく判断力のあるご主人
  • 明るく理解のある奥様
  • 高校1年生 バレーボール部の活動に熱心な長女
  • 中学1年生 サッカーに夢中の長男

毎日夜はご家族で団欒の時間があり、お子様たちも思春期なのに素直に育っていました。

進行中の図面をチェック
家相学的にご家族の目的に合ったプランかどうかチェックをしてアドバイスをします!!

事例紹介-02

お客様が検討されていた平面図(左)をチェックしながら、1階2階とも修正箇所に朱書きをいれます。

事例紹介-03-01
事例紹介-03-02
ヒアリングは真剣そのもの!!
ご家族の住まいづくりの目的に合わせたゾーイングとプランニングをご提案いたします。
《1階LDK・2階水廻りPLAN》  最終決定プラン
事例紹介-04

1階に広々としたLDK、2階に家事動線をまとめ、お子様の洗濯物に追われる奥様の作業量に配慮。
玄関ホールに螺旋階段・しつらえコーナーを設けて毎日を楽しく!

2階に水回りを集中させることで水の影響が7割カット。 事例紹介-05 2階の鬼門方位はトイレを外し、一番影響の少ない洗面を配置。 事例紹介-06
プランニングの提案は『複数提案』が基本
《1階水廻りPLAN》  4プラン提案の中、最も不評だったプラン

※複数提案することで様々な生活スタイルを比較検討することができます。

事例紹介-07

1階に水廻りを集中させて、2階が個室といったオーソドックスなプラン。
キッチンをインテリアの一部として、ゆったりとした印象に。

事例紹介-10
鬼門方位はトイレを外し、一番影響の少ない洗面を配置。
事例紹介-11

これは事例に過ぎません。ご家族の構成や建てられる場所、向きや間取りによって全くアドバイスは異なります。まずは、セミナーにご参加いただき、正しい家づくり、間取り作りのご参考にしていただければ幸いです。